教育ローンは利用計画が大切!利用できる機関やその特徴を知ろう

HOME>特集>教育ローンを利用する前に特徴をチェックしておけば安心!

教育ローンを利用する前に特徴をチェックしておけば安心!

家族

教育資金を工面する

子どもの成長に応じて必要となるのが教育費です。高校や大学など、希望する進路に進ませてあげるためにも、教育ローンを利用することで家計の負担を減らすことができます。教育ローンを利用するなら、国の機関や銀行を通すのが一般的ですが、それぞれ特徴などにも違いがあります。大阪では、金利の低い学生ローンも設けている機関がありますので、事前にチェックしておくといいでしょう。

教育ローンの特徴を把握しよう

文房具

銀行の教育ローン

銀行などの金融機関が設けている教育ローンは、教育費を工面することを目的として金融商品であり、キャッシングより金利が低く設定されています。目的ローンなので、申し込む際には、子どもの学生証など、資金の使用目的を証明できる書類の提示が必要となります。金融機関にとって教育ローンは「商品」となるので、どこの機関のものを利用するかでも、その特徴はそれぞれ異なります。

国の教育ローン

国の教育ローンは、「日本政策金融公庫」という所が提供している教育一般貸付などがあります。銀行と比較すると金利がより低くなっているのがメリットですが、借入れ上限額も低くなっています。350万円を上限として何度でも借入れすることが可能ですが、その度に審査をする必要があります。

奨学金

奨学金には、貸与型と給付型の2種類があります。貸与型は一般の教育ローンと同じように、借りた金額を返済する必要があります。無利子と有利子があり、無利子の場合は利用条件が厳しくなっています。給付型は返済義務のない奨学金ですが、利用するには無利子以上に条件が厳しくなっています。

広告募集中